オンライン化で利便性の向上が期待されるハローワークでの求人

 コロナ禍の影響から、役所の各種手続きが電子化へと切り替わってきました。これまで役所の窓口での対応が中心となっていたハローワークでの求人についても、2021年9月21日からハローワークインターネットサービスの機能が充実し、オンラインで受けられるサービスが広がる予定です。
 機能強化は、求職者に対するサービスと、求人者(事業主)に対するサービスの両面で行われますが、以下事業主が受けられるサービスについて触れます。

1. 求人者マイページを通じて、オンラインで職業紹介を受ける「オンラインハローワーク紹介」が利用できる
2. 求職者がオンラインで応募した場合、応募書類の管理や採否入力が効率化する
3. 求職者からの応募を直接受けることができる(オンライン自主応募)

 オンライン自主応募とは、ハローワークインターネットサービスに掲載した求人に、求職者がハローワークを介さずにマイページを通じて直接応募することを言い、ハローワークインターネットサービスのみの利用者も応募できるため、応募者層が広がる可能性があります。

(参照URL)
<厚生労働省>https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_20400.html