M&A 準備金積立てで実施年度に税負担の軽減が可能になります!

   令和3年度改正で創設された『中小企業事業再編投資損失準備金』制度は、M&A実施後に発生し得るリスクに備え、M&A実施年度に、投資額の70%以下の金額を準備金として積立てることができる制度(積み立てた金額は損金算入)です。
   但し、積み立てた準備金は、据置期間(5年間)経過後に、その後5年間にわたり均等に取り崩して益金の額に算入する必要があります。
スクリーンショット 2021-08-12 104232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参照URL】 https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/shigenshuyaku_zeisei.html