令和3年7月から電子納税証明書がPDFで取得可能に!

   令和3年7月から、オンラインで交付請求できる電子納税証明書の形式に、PDFファイルが加わりました。これまでも、申請者がオンラインで交付請求すれば、書面又はデータで「納税証明書」を取得することができましたが、紙に印刷すると「納税証明書」として使用できませんでした。
   7月以降は、PDFファイルで取得した電子納税証明書は、紙に印刷しても「納税証明書」として使用できるようになり、また、税務代理人が交付請求時に電子委任状を添付することで、電子納税証明書を代理で受領できるようになりました。書面の「納税証明書」の提出先が複数ある場合でも、電子納税証明書の期限内であれば、データを印刷することで何度でも使用できます。
   なお、電子納税証明書(PDFファイル)には、従来の税務署長等の電子署名及び電子証明書受信に代えて、真正性を担保するためのQRコードが付されています。

   これらの改正にあわせ、納税証明書のデザインが変更されています。あわせてご確認下さい。

スクリーンショット 2021-08-12 110302

 

 

 

 

     (注)納税証明書のQRコードに証明内容が格納されており、国税庁ホームページにある
            「納税証明書の交付請求手続」から納税証明書確認コーナー(令和3年7月公開)を
              利用することで証明内容を確認できます。

【参照URL】 <国税庁> https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/denshi_nouzei/index.htm