税理士業務高度な専門性で税に関する問題をトータルに支援します

税務調査

zeimuchosa

創業40年の圧倒的な税務調査経験を持つ高谷廣治税理士事務所だからこそ、納税者の視点に立った納税者の代理人として、豊富な経験に裏付けされた「交渉術」と「法律論」で税務調査に臨みます。

税務当局では、全国の国税局と税務署をネットワークで結んだデータベース(KSKシステム)に蓄積された国税の申告内容や各種資料情報などを基に、業種・業態・事業規模といった観点から分析して調査対象を選定致します。また、資料収集の専門部署を設置するなどして効率的な収集体制整備を行っています。

これに応じて、税務当局は私たち納税者に対して、税務調査に関する質問や調査をする権限(『質問検査権』)を行使して税務調査を行い、また納税者は、納税の義務と同時に、税務調査に応じなければならない義務(『受忍義務』)も負っています。したがって、税務調査を拒否することはできず、事業運営において避けては通れない関所なのです。

弊社は、税務調査の不安を解消し、安心をご提供致します。

税務調査全力サポートメニュー

  1. 調査前の事前準備・相談・シミュレーションの実施
    →調査当日、平常心で臨んでいただくために、準備資料の一覧を作成、事前相談・シミュレーションを実施致します。
  2. 調査当日の立会い 
    →弊社税務調査担当者が調査に立ち会うため、その間皆さまは日常業務をして頂けます。(必要なときだけお声かけします。)
  3. 調査後の対応・折衝
    →高度な法律論と豊富な経験に裏付けされた交渉術により税務当局と折衝を行います。