医業コンサルティング業務医業を経営するDrをあらゆる側面から支援します。

医療法人設立

sosiki個人事業として開業したクリニックが発展するにつれ、税金の負担が重く感じることや分院や介護事業への展開等さらなる事業発展を考えることが出てくると思います。その際、法人化(医療法人の設立)を検討されることをお勧めします。

弊社は、幅広い組織再編の局面に精通し、これまでの豊富な経験をもとに、各分野の専門家と連携し、スムーズな再編実現をトータルにサポート致します。

 

医療法人のメリット

  •  役員報酬を受け取る形式になるため、給与所得控除の適用が可能である
  •  親族を役員とすることにより、所得を分散することができる
  •  分院が可能となる(※個人の場合、分院は禁止されています)
  •  金融機関等への対外的な信用力が高まり、経営に好影響を与えられる
  •  理事長に万が一のことがあっても新たな理事長を選出し事業を継続することができる

 

医療法人のデメリット

  •  資産は法人のものとなるため、個人が自由に使用できるお金は給与のみとなる
  •  必ず社会保険に加入しなければならない
  •  厚生労働省や都道府県庁等への報告義務が発生するため、事務負担が増える

 

上記のように法人化にはメリットとデメリットが存在します。弊社では法人化について先生に現状や今後の展望をヒアリングし、法人設立後のシミュレーションを行いながら、想定される法人化のメリット・デメリットについて説明を致します。そして先生に法人化について十分ご理解いただいたうえで、法人化に取り組むようにしています。医療法人設立に必要となる関連諸官庁への各種届出書、申請書等の作成については弊社が代行致します。

 

経営管理支援

医業においては、会計を含め一般企業とは異なる部分が多く存在しています。弊社では長年の豊富な経験・実績に基づく、会計・税務面でのサポートを行っております。
開業から事業承継まで、事業のライフサイクルすべてに渡ってサポートできる体制を整えております。

 

セカンドオピニオン

医師の世界と同じく、重大な意思決定におけるリスク・マネジメントの観点から税理士の世界でもセカンドオピニオンのニーズが高まっています。既存の顧問税理士・会計事務所がいらっしゃる場合でも、第三者として病院・クリニック経営に役立つ提案を致します。

 

医療に専念して頂ける環境のご提供

弊社の記帳代行サービスをご利用頂ければ、簡単な表を作成して頂くだけで総勘定元帳や振替伝票の作成を行う必要はありません。記帳代行以外にも、給与計算代行やマイナンバー管理代行など、各種アウトソーシングメニューを用意しております。業務の外注化を行うことによって医療に集中いただける時間を確保することができます。

記帳代行
マイナンバー管理
給与計算代行

 

事業承継・M&A

このようなお悩みのお持ちであれば、事業承継やM&Aをご検討下さい。

「医療法人の理事長をしていて、後継者に医療法人を譲ろうと考えているが、手続きの流れやどのような留意点があるのかわからない。」
「医院を経営しているが、リタイアを考えている。地域医療のことを考えれば閉院は避けたいが後継者がみつからず困っている。」
「医療技術や蓄積したノウハウで社会貢献するため、M&Aで事業規模を大きくしたいと考えているが、何からはじめてよいのかわからない。」

先生が患者さんに応じた治療法を選択し治療されるように、弊社もお客様に応じた課題の解決方法をコミュニケーションを密にとりながら検討します。

税の専門家がご依頼者様と複数人で対応するため、一人の専門家による個人的な考えに偏らず、様々な角度からみて最適な問題解決法を提案することが可能です。

弊社は1987年の設立以来、継続してお医者様が弊社をお選び頂いておりますので、医業関係者の事業承継などの経験がありノウハウを蓄積しています。司法書士や弁護士などとも提携しておりますので、ご依頼者様がそれぞれに依頼する必要がありません。また、医療法人のM&Aや理事長変更などについては、関連所管庁への事前折衝や申請、届出が必要になりますが、このような手続きにつきましても先生に代わり弊社でお引き受け致します。