第2次補正予算が成立しました!

 

6月12日に可決・成立した令和2年度第2次補正予算には、中小企業が活用できる補助金、給付金、融資制度の拡充などが盛り込まれています。以下、主な中小企業支援策を紹介します。
■ 従業員1人1日あたりの雇用調整助成金の上限額の引き上げ(従業員1人1日当たり)
(前)8,330円 → (後)15,000円
■ 新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資限度額の引き上げと利下げ限度額の引き上げ
  【1.特別貸付の融資限度額】
   ・中小企業事業 (前)3億円,000 → (後)6億円
   ・国民生活事業 (前)6,000万円 → (後)8,000万円
  【2.利下げ限度額】
   ・中小企業事業 (前)1億円,000 → (後)2億円
   ・国民生活事業 (前)3,000万円 → (後)4,000万円
■ 家賃支援給付金の支給
中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5月から12月において、
以下のいずれかの要件を満たす対象者に、給付金が支給されます。
【給付対象者】
① いずれか1か月の売上高が前年同月比で50%以上減少
② 連続する3か月の売上高が前年同期比で30%以上減少
【給付額】
申請時の直近の支払家賃(月額)に係る給付額(月額)の6倍(6か月分)
【給付率】
給付率は2/3、給付上限額(月額)は法人50万円、個人事業主25万円とし、6か月分を給付。加えて、複数店舗を所有する場合など、家賃の総支払額が高い者を考慮して、上限を超える場合の例外措置を創設。
※支払家賃(月額)のうち給付上限超過額の1/3を給付することとし、給付上限額(月額)を法人100
万円、個人事業主50万円に引き上げ。
上記にご紹介した3つの支援策以外もありますので、経済産業省や厚生労働省、中小企業庁などのホームページなどをご確認下さい。また各自治体からも支援がありますので、合わせてご確認下さい。