10月は「年次有給休暇取得促進期間」です

 厚生労働省では、年次有給休暇(以下「年休」)を取得しやすい環境づくりのため、10月を「年次有給休暇取得促進期間」として、集中的な広報活動を行っています。
 これまでの年休の取得率は、長年50%弱で横ばいとなっていましたが、2017年には51.1%となり、18年ぶりに5割を超えました。政府は、2020年までに取得率を70%にすることを目標にしています(「仕事と生活の調和推進のための行動指針」より)。
 このような中、今年4月の労働基準法改正により、10日以上付与された年休について年5日以上取得することが義務化されました。取得時季について使用者が指定するには、その対象労働者の範囲および指定の方法等について就業規則に記載しなければなりません。今一度、年休の取得状況を見直し、確実に5日取得できるように体制を整えていきましょう。