来年1月からチャットボット税務相談が試験導入されます

国税庁は平成31年度にAIに関連する予算を初めて計上しており、令和2年1月から土日、夜間等の日時にとらわれない相談チャネルとしてチャットボット(人工知能を活用した自動会話プログラム)による税務相談を試験導入します。具体的には国税庁HPのトップ画面上にチャットウインドウが設けられ、チャットウインドウに質問を入力するとAIが自動的に回答します。はじめはサラリーマンや年金受給者の確定申告に係る簡易的な質問(税務署の所在地等の案内や所得控除、住宅ローン控除、e-Tax等の操作方法など)に対応する予定となっています。