e-Tax利用の簡便化の概要について

 

国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を進めています。平成31年1月以降のe-Taxでは現行の方式に加え、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2つの方式がご利用いただける予定です。
現行の方式ではe-Taxを利用するために事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワードの通知を受ける必要がありますが、「マイナンバーカード方式」では、これを省略することができます。
「ID・パスワード方式」では、税務署の職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行し、そこに記載された e-Tax用のID・パスワードのみでe-Taxを利用することができ、マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方もe-Taxを利用することができます。なお、「ID・パスワード方式」は、マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応(導入後、概ね3年を目途に見直し)として行われる予定です。

平成31年1月以降のe-Tax利用のイメージについては以下のURLをご参照ください。

http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm