高額療養費の自己負担増

 平成30年8月1日より新たな高額療養費制度が始まりました。
 これにより70歳以上が負担する医療費の上限額が引き上げられ、病院で外来診療を受けた際の自己負担額は所得が多い人ほど増えることになります。
 昨年7月までの高額療養費制度は、70歳以上で年収が370万円以上ある場合は「現役並み」として最も高い上限額が適用されており、外来療養診療1ヵ月当たり44,400円が上限でした。
 昨年8月以降は、70歳以上で年収が370万以上ある場合の上限額は57,600円となり、従来から約3割増額されました。
 今年8月以降は、年収370万円以上を一律に扱うのではなく、「370万円以上~770万円未満」、「770万円以上~1160万円未満」、「1160万円以上」の3段階に分け、上限額は69歳以下の現役世代と同額になりました(表)。
 高所得者の負担は増すばかりです。少子高齢化が止まらない以上は、医療費控除やセルフメディケーション税制といった税優遇の仕組みをこれまで以上に活用することが求められそうです。
 無題