仮想通貨交換業者から金銭の補償を受けた場合は雑所得として課税されます

仮想通貨を預けていた仮想通貨交換業者が不正送信被害に遭い、預かった仮想通貨を返還することができなくなったとして、仮想通貨交換業者から補償金が支払われた場合、その補償金は雑所得として課税されるとの見解が、平成30年4月16日に国税庁より発表されました。

詳細ページへ