最高裁、預貯金は遺産分割の対象

預貯金が遺産分割の対象となるか否か争われていた事件で、最高裁は19日、共同相続された普通預金債権等は「相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となる」と判断しました。
預貯金は法定相続分に従って相続人で分けるとしてきた過去の判例を変更したことになります。これにより、遺産分割協議が成立し、遺産分割が終わるまで預貯金が凍結されるなど金融機関の対応が大きく変わっていく可能性があります。